父と久しぶりに農園

パレットファーム

パレットファームは、かつて私の父が壮年期の人生を傾けて管理した場所でした。
父が年老いて、わたしに管理が引き継がれ、わからないことだらけの中、とりあえずなんとか管理して2年が経とうとしています。
この農園は父の家から車で10分ほどのところにあり、父は過去40年、車で農園まで通ったものでした。
いまは車椅子になり、自力で来ることは難しくなりましたが、やっと農園内に道を通し(固まる土多用^ ^)、父がデイサービスから帰ってきた後、そのまま連れてきました。

「おお、きれいになってる。ありがとう。」と私に言いながら園内の様子を眺める父。
父の代から私の代になり、父がブドウは切り倒し(私には無理でした>_<)、園内に道を作りとやりたい放題の娘ですが、父は感謝してくれてうれしかったです。


ウッドデッキに上がって(車椅子で安全にウッドデッキの上がって、園内を眺めることができるよう、大工さんがかなり工夫して作ってくださいました)、隣の畑の様子を見る父。


「寒くなったから帰ろう」と父が言い出したため、引き上げましたが、その前に記念写真。
いい笑顔です!

園内の道ができて、父が車椅子での「初通行者」でしたが、いろいろと課題が浮き彫りになりました。
・固まる土は、転圧不足の柔らかい土の上に施工しても、すぐ割れてしまうこと。
・従って、柔らかい土の上に、いくら厚く固まる土を施工しても、車椅子に人を乗せて通れるほどの強度にはならないこと。
なので、翌日からうーむと考え(今更転圧不足はどうにもならないので)
★固まる土にインスタントセメントを混ぜて上から再施工★
しました。
すると、なかなかの強度になりました。ただし、見た目はどーもどっちつかずというか、モルタルじゃないんだけど、風情にはやっぱり欠けます、的な見た目です。
業者さんに依頼せず、コツコツ地道にDIYとなると、元来ぶきっちょな私の場合、優先順位を明確にして、そこさえクリアできればよし!という潔さが必須です。
私の最優先ミッションは車椅子で通れる道を作る、で、見た目はまぁ見苦しくなければ、というところです。
「固まる土&セメント」も今後再施工で多用することと思います。(なお、再施工から2ヶ月近くたっていますが、カチカチに堅いままです)
いまからパレットファームの果樹は、梨、キウイ、ブルーベリーと花の時期を迎えます。
現在、奥にレンガの道も作りかけたので、完成したら父を連れて行こうと思います。(固まる土は、駐輪場程度のスペースにはおすすめですが、私のようにがっつり「道」を作るとなると、意外に大変な労力で費用もええっというほどかかります。レンガを安く買えるなら、レンガ敷きでもあまり手間は変わらないと実感しています)

長くなりついでに最後に「プチ情報」
2022年3月現在、福岡では
・縁石はダントツでグッデイが安い(ただし積み込みは基本「ご自分で」。コメリの縁石も安いのですが、角が削いである形状で、転倒の恐れのある方が通られるところにはどうかな?という感じです)
・ミックスレンガもダントツでグッデイが安い(100枚、買おうが200枚買おうが、積み込みは基本「ご自分で」)
・耐火レンガ、敷レンガはコメリが安い(コメリは店舗により、スタッフが何人かでてきて、積み込みを手伝ってくれます。私はコメリ宮田店にお世話になっています)
・ナフコは対応もよく、商品管理もよく、積み込みのサポートもきちんとしていますが、安いわけではないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました